機械式時計を長持ちさせて使う!メンテンナンスは重要

機械式時計を初めて購入した時の注意点

機械式時計は精密機器になりますから、定期的なメンテナンスが重要なものです。一般的には3年から5年周期程度で分解してメンテナンスを行うオーバーホールが有効であり、こうしたケアを行う事によって長持ちさせる事が可能になります。初めて購入した時の注意点としては、最初に購入してから3年も経たない間にオーバーホールを行う事であり、新しい機械式時計は新品部品同士の摩耗等が起こりやすいです。ですから最初は早めのメンテナンスケアが重要と言えるでしょう。

時計の種類によってメンテナンスは変わる

機械式時計と一言で表現しても、精密度合いや価格帯は様々であり、メンテナンスに必要な技術力もコストも違うものです。一般的には高級かつ精密度合いが高いもの程にコスト負担がかかり、定期メンテナンスを行う事が大切になりますから、高級な機械式時計を手に入れた場合には、少しでも狂いがなく維持出来るように使えると良いでしょう。最近ではメンテナンスをネット通販等で受け付けている所もあり、そういった所を活用して手入れすると低コストで行えます。

機械式時計は手入れ次第で寿命が長くなる

機械式時計はクォーツ時計と比べて趣味性やステータスの高さに利点があり、寿命に関しても数十年以上活用出来るものです。50万円を超えるような高級時計の大半は機械式時計となり、長持ちさせる為には手入れや部品交換を行う事も必要でしょう。繊細かつ衝撃に弱いという特性はありますし、手入れが行き届かないと時計が狂ってしまうという面もあるのですが、機械式時計というものは時計の世話をして育てていくような魅力が備わっています。

ウブロとはスイスに本部を置く高級時計メーカーです。多くの著名人や芸能人が愛用しており、また、様々なスポーツ大会の支援をしています。