自分のステータスとして時計を扱うための3つの選ぶポイント

経済力を証明するために高めの時計を選ぶ

時計を自分のステータスアイテムとして扱うためには、ある程度高価でなければ意味を成しません。高ければ経済力を証明することができるので、なるべく高い物が望ましいです。しかし、高過ぎてしまうと、生活が苦しくなる恐れがあるので注意です。また、周囲の人間に『無理をしている』と思われ、逆効果になる恐れもあるので注意しましょう。自分の収入の範囲内であること、生活に支障が及ばないことを条件として、その上で高い時計を選ぶと良いです。

ブランド力がある時計を選ぶ

時計にもブランドがあり、誰もが知っているものから無名のものまであります。ブランドとして知名度が高いものが望ましいので、悩むことなく選べるでしょう。無名のものでは、時計を身につけていても周囲の人に印象を与えることはできず、ステータスアイテムとして機能しないので注意です。名前を聞くだけで驚き、知られているブランドであることが望ましいので、そちらを選ぶようにしましょう。ただし、ブランド力があればあるほど高くなるので、予算の範囲内で選ぶことが大切です。

自分のセンスを証明するデザインを選ぼう

最後に、時計は自分のセンスを証明するものとして活用することができます。デザイン性があり、オシャレであればセンスを十分に証明できるでしょう。シンプル過ぎず派手過ぎないことがポイントになり、また、宝石類がたくさんあっても問題なので注意です。何より自分が目で見て選ぶことが重要で、適当に選ばないようにしましょう。自分で選ぶことで自信を持つことができ、センスがあると思えるようになるので、より多くのデザインをチェックし、その中で『これだ』と思うものを見つけると良いです。

ロレックスとはスイスの高級腕時計メーカーのことを言います。三大発明と言われる「オイスターケース」、「パーペチュアル」、「デイドジャスト」を生み出したことにより、今の地位を築きました。