知っておきたい!ペット保険の3つのポイント

治療内容はどこまでカバーしているか

人間と同じく、ペットの医療も日々進化しています。食事も消化しやすく体に優しいものが増え、自然と平均寿命も長くなってきています。そうすればどんなに注意していても、歳とともに病気にかかる危険も増えてしまい、嫌でも動物病院のお世話になる回数が増えていきます。そんな時に、かかる医療費を助けてくれるはずの保険が、この治療は補償外ですっと言われてしまっては大変です。正式な契約前に、どこまでの治療に対応してくれるのかをしっかり把握しておきましょう。

え!入院だけしかダメなの?

人間の保険でも、入院に対して手厚い保険と通院に対して手厚い保険とありますよね。ペットの保険は、人間ほど細かく種類があるわけではありませんが、入院に特化した保険とガンなどの先進医療に特化した保険、持病などで通院が長い子に優しい保険、高齢の子に手厚く補償してくれる保険とあります。一番多いのが入院は補償しますが、通院は補償外です。通院は意外と多く、ちょっとお薬が出るだけでも高額になっていきます。オプションなどで通院もカバー出来るようになっている保険もあります。しっかり確認をしておきましょう。

え!高齢になるとダメなの?

人間でも高齢になると、保険に加入しづらくなりますよね。ペットも同じです。高齢になると人間よりも加入が難しくなってしまいます。ですからペットが若いうちに加入しておくことをお勧めします。しかし、若い頃に加入したからと言って安心というわけではありません。高齢になってくると更新できなくなったりなどもありますので、加入時や更新の際に、何歳まで対応してくれるのかを確認しておくことが大切になります。まだ数は少ないながらも、高齢のペットを体調にした保険もあります。内容をしっかり比較して、更新するか切り替えるかを決めましょう。

長寿のペットが増えた事でペット保険に加入する飼い主が増えていますが、人間に似た病気であっても対応しているので急な疾病であっても安心できます。